VIO医療脱毛の痛みはどれくらい?効果はあるの?

ブイアイオー医療脱毛する女性看護師

VIO医療脱毛とは、デリケートゾーンの脱毛のことです。具体的には、Vライン=ビキニライン、Iライン=大陰唇、小陰唇の周りからOラインにかけてのライン、Oライン=肛門の周囲になります。

近年、Vラインだけでなく、IラインとOラインをセットで希望する方が増え、もはやデリケートゾーンの脱毛は必須エチケットの1つとなっています。

そこで気になるのは、脱毛の効果や価格・考えられるトラブルではないでしょうか。

このページでは、美容皮膚科で実際に脱毛を施術していた看護師がVIO脱毛について詳しく説明していきます。

この記事を書いた人

ニックネーム:きょん猫
役職:看護師
大阪出身。社会人を経て看護師となり東京、大阪で働いていました。看護師として美容皮膚科の勤務経験があります。

1.VIO医療脱毛の効果と必要回数

ブイアイオーがきれいな女性

医療脱毛に使用されるレーザーは濃い毛によく反応することが特徴です。

VIOは毛がしっかりとしていて濃いことから、医療脱毛の効果をかなり早い段階で感じることができます。特にVラインは、1回の施術でも効果を実感する人がほとんどです。

VIOの毛周期を考えると照射は1カ月半~2カ月おきに行うのが好ましいため、計画的にクリニックへ行くことを心がけましょう。

 

VIO医療脱毛に必要な回数

どの程度の量を減らしたいかによって変わってきますが、2~3回でかなりの効果が実感できます。毛量を減らしたいと考えている人は4~5回の施術でかなり毛が薄い状態になるため、十分満足できるでしょう。

完全に毛をなくしたいという場合は、8~10回くらいは実施が必要とされています。ただし、個人差があるため10回施術しても数本の毛が生えてくる場合があります。

どうしてもその毛が気になってしまう場合は、コース終了などのタイミングでスタッフに相談してみましょう。その数本のみを針脱毛する方が良いという場合もあります。

看護師からのポイント

看護師からのポイント

毛量を少なくしたい人は半年~10カ月程度で脱毛完了、ツルツルにしたい人は1年~1年半程度の期間を要します。

 

脱毛効果が目に見えるのは2~4週間後

レーザーを照射したからと言ってすぐに毛がなくなる訳ではないため、施術直後は見た目での変化はあまり感じられません。

医療脱毛とは、施術したときに成長期にある毛根にダメージを与えて脱毛効果を期待するものです。

お風呂で洗ったときなど、気がつかないうちに2~4週間程度かけて毛が抜け落ちていきますので安心してください。

Vラインの濃い毛などは少し縮れたような短い毛が抜けているのが見えることもあります。

 

2.脱毛の効果がない!?効果がある人とない人の違い

虫眼鏡でブイラインを見る女性

「脱毛の効果を信じて契約したのに、照射しても効果が分からない…。」それには原因があるかもしれません。

脱毛の効果に個人差があるのはもちろんですが、これまでの生活習慣の中で脱毛の効果がない場合もあります。効果が高い人と低い人、それぞれの特徴と理由を紹介します。

 

脱毛効果が高い人ってどんな人?

様々な患者に医療脱毛を施してきた中で感じる、脱毛効果が高い人の特徴は以下の通りです。

  • 自己処理ではカミソリで剃る程度だった
  • 毛周期に合わせて定期的に施術に通うことが出来る
  • 元々の肌質が健康である。

毛穴や皮膚にトラブルが起きていない人ほど脱毛の効果が現れやすいです。そのため、毛抜きなど無理な除毛をしてきた人や、肌が弱く医療脱毛によって皮膚トラブルが起こってしまう人は医療脱毛の効果が現れにくいでしょう。

また、毛周期(1~2ヶ月)に合わせて医療脱毛を実施することも、最大限に効果を得るためにはとても重要です。

 

脱毛効果が低い人ってどんな人?

脱毛の効果がないと感じる人は、以下が原因かもしれません。思い当たる項目が改善可能であれば今すぐに改善しましょう。

  • 自己処理では毛抜きで抜いていた
  • 定期的に通うことができない
  • アレルギー体質である
  • 成長期である

脱毛効果が高い人の項目でお伝えした通り、毛穴や肌トラブルがある人、毛周期に合わせてクリニックに通うことができない人は脱毛の効果を感じずらいです。

また、親の承諾書があれば未成年でも医療脱毛を受けることができるものの、成長期は毛根も成長しているため一度脱毛してもまた毛が生えてくる可能性が高いです。

 

3.VIO脱毛の値段

クレジットカードを持つ女性

Vラインのみ、Iラインのみ、Oラインのみ等の1カ所で平均5千円~1万円程度が相場です。

低価格の設定の病院は麻酔料金や除毛料金などが別途必要になることがありますので確認が必要です。

 

VIO脱毛はセットがお得!

ほとんどの病院がセット価格を設定しており、複数回照射するのであればセットでの契約がお得と言えます。例えば6回コースですと7万~12万円程度が平均価格でしょう。

契約する際は自分が理想とするVIOの毛を明確にしておき、自分に合った料金プランで契約をすることをお勧めします。

 

1年間通い放題などのプランは一見お得に感じられるプランですが、医療脱毛は毛周期に合わせて脱毛効果をだしていくため、1ヶ月~2ヶ月の合間をあけて施術をする必要があります。

何度も通ったから効果が上がるというわけではなくむしろ皮膚へのダメージが増えてしまうため、自分の希望する脱毛部位と金額に見合っているかよく検討しましょう。

きっちり1ヶ月~2カ月ごとに通えるのなら、お得になる場合もあります。

 

4.VIO医療脱毛の痛みはどれくらい

叫ぶ女性

VIOの医療脱毛は痛みが強いとよく言われますが、それぞれの部位によって痛みの感じ方が違います。

  • Vライン:骨の近くにあることから、痛みがあると言われています。
  • Iライン:粘膜であることから、痛みがあると言われています。
  • Oライン:VIと比べ、一番痛みを感じにくいと言われています。

何十人かの患者を施術させていただきましたが、痛みが苦痛で耐えられない方はいませんでした。

 

麻酔などを使用すれば痛くない

VIOは他の箇所に比べて強い痛みを伴うため、クリニックサイドでも痛み軽減の対策をしています。

代表的な痛み軽減の対策としては、塗るタイプの麻酔・吸入式の笑気麻酔を使用することです。

麻酔を使用したくない人は、脱毛マシーンの出力調整やスピードの調整、麻酔時間の延長、ジェルの冷却温度を下げるなどの方法で痛み軽減に努めます。

 

5.VIO医療脱毛の注意点

紫外線を浴びて焼けた女性

VIO脱毛を受けるにあたり、特に注意してほしいのは「毛を抜かない」・「日焼けをしない」・「肌トラブルを起こさない」ことです。

日焼けをしていたり何らかの肌トラブルを起こしていている場合、クリニック側から施術を断られる、もしくは、肌トラブルを起こしている場所を避けての照射となります。

 

Vラインの形を考えておくこと

一度医療脱毛をしてしまうとほぼ生えてきません。医療脱毛は予め自分で毛の処理をしてくることが通常なため、失敗しないよう、毛を剃る時は注意が必要です。

VIOを自分で剃るのが怖い・デザインをクリニックスタッフと一緒に考えたいという人は、別料金がかかることが多いですが病院で剃ってもらうこともできます。

 

看護師からのポイント

看護師からのポイント

VIOの毛には「細菌の進入を防ぐ」・「クッションとなって大切な部分を守る」などの役割があるため、完全にツルツルにするのはオススメしません。

ショーツから出ている部分はツルツルにしたいことと思いますが、そうでないところは蒸れない程度がオススメです。

 

妊娠・出産の予定がある人は脱毛を避けること

妊娠時には医療脱毛をお勧めしていません。そのため妊娠期間中は施術を中断することになり、スムーズに脱毛が行われないことが考えられます。

また、妊娠前に脱毛を終えたとしても、妊娠や出産によるホルモンバランスの変化により毛が生えてくることがあるため、近い未来妊娠の予定がありVIO脱毛を考えている人は、出産を終えてから脱毛を開始することをお勧めします。

 

6.VIO医療脱毛でよくあるトラブルと対処法

座って悩む女性

VIO医療脱毛では、毛が濃いことや粘膜であることからの皮膚トラブルがあります。

また、人に見られたくない部位であり、質問をしにくいこともあることから、トラブルが起こってしまうこともあります。よくあるトラブルとその対処法を以下に説明します。

 

VIO脱毛による肌荒れ

VIO脱毛施術後のクーリングで赤みや熱は治まることがほとんどですが、ひどいようならば医師の診察で塗り薬もしくは化膿防止のための飲み薬を処方します。

施術後何もトラブルがなくても肌は敏感になっています。施術後数日は清潔を心がけ、お風呂では泡で優しく流すように洗うなど配慮をすれば肌トラブルを回避・改善できます。

 

VIO脱毛による毛穴の炎症

VIO脱毛施術後、特にアレルギー体質の人は毛穴が炎症を起こし、毛嚢炎になることがあります。

毛嚢炎となった場合、診察を受け薬を処方します。大抵の場合、塗り薬で良くなることがほとんどです。

毛嚢炎にならないためには、炎症を起こしやすい状態の施術当日は湯船につかったり、サウナやスポーツは避けるようにしましょう。

放置しておくと悪化する可能性があるので、気になったらすぐに相談しましょう。

 

プライバシーを配慮してくれない!

VIOは女性にとって特に人に見られたくない場所です。VIO医療脱毛の施術をする看護師は女性スタッフを起用しているクリニックがほとんどですが、診察をする医師も必ず女性医師とは限りません。

また、VIOという箇所の脱毛にも関わらず、ベッドの間をカーテンで仕切っただけでプライバシーが配慮されていないこともよくあるトラブルです。

契約する前に確認しておくことでプライバシーに関するトラブルを回避することができます。気になる人は必ず確認をしてください。

 

7.まとめ

VIO医療脱毛は病院で実施されるため、気になる痛みも麻酔で軽減できます。肌トラブルも医師の診察が受けられますので、すぐに対処が可能です。

紙パンツの使用や個室の用意、専任の女性スタッフでの対応をするなど、患者の恥ずかしいという意識への配慮を考えている病院がほとんどです。

また、VIOは施術範囲が狭いため、照射時間は20分程度(診察~施術後のケアまでだと1時間程度)とお手軽なのも魅力の1つです。めんどうな自己処理からも解放され、自己処理による肌荒れもなくなりますので一石二鳥です。

看護師がお勧めする医療脱毛クリニック

フェミークリニックフェミークリニック
看護師のおすすめ度:★★★★☆(4.0)
東京・大阪に計6店舗を構えています。東京では渋谷・池袋・新宿・銀座、大阪では梅田・心斎橋にあり、通える方が限定されますが、数々の症例もありますのでとても信頼できるサロンです。

リゼクリニックリゼクリニック
看護師のおすすめ度:★★★☆☆(3.5)
全国に19院があり、シェービング代やキャンセル料無料など表示金額以外の料金が一切かからないのが魅力的で、スタッフ教育はできています。首都圏では14院展開しています。

関連記事

  1. 足の脱毛を受ける女性

    医療脱毛6つのトラブルとは?対処法を看護師がご紹介!

  2. 医療髭脱毛をする男性

    メンズ髭脱毛の6つの注意点!価格や回数をチェック!

  3. 医療脱毛のカウンセリング

    医療脱毛を受ける際のカウンセリングのポイント

  4. 顔脱毛する女性

    顔の医療脱毛の効果!平均回数や値段は?

  5. おでこ脱毛した女性

    おでこ脱毛する前の7つのチェックポイント

  6. 医療脱毛を受ける病院の選び方!

    医療脱毛を受ける病院の選び方!良い病院・悪い病院とは