Qスイッチルビーレーザーの効果と経過について

キュースイッチルビーレーザーを打つ女性看護師

Qスイッチルビーレーザーは、メラニンの含有量が低い薄いシミからメラニンの含有量が高い濃いシミまでよく反応するため、適応範囲が広く最もおすすめのシミ治療です。

また、1度Qスイッチルビーレーザーにより老人性色素斑を治療した患者の多くは、リピーターとしてまた他のシミに対しても治療を希望してクリニックに訪れており、患者の満足度が高いレーザー治療です。

このページでは、皮膚科で働いた経験を基にQスイッチルビーレーザーについてのご紹介いたします。

この記事を書いた人 看護師L&K

ニックネーム:L&K
役職:看護師・保健師
私は4年間大学病院に勤務し、その後5年間クリニックに勤めました。現在は2児の母として子育てに奮闘してます。私の経験したことを皆様の役に立つために分かりやすく執筆してきます。


1.Qスイッチルビーレーザーの効果

頬にしみがある女性 Qスイッチルビーレーザーは、シミ・そばかすなどの原因となる黒いメラニン色素の吸収率が高い波長帯を持つということが特徴的で、シミ、あざにとても効果的なレーザーです。

傷痕を残さずにメラニン色素のみを安全に治療する為、周囲の正常な皮膚を傷つけることがありません。顔のシミだけではなく、身体のシミも治療可能です。

 

効果が出やすい人

効果が出やすいのは、個人差がありますが境界線がはっきりとした色素がしっかりあるシミができている人です。

レーザーは色素に反応するので薄く境界不明瞭なシミよりも境界明瞭ではっきりとしたシミの方が効果は出やすいでしょう。しかし、深いシミの場合は1度では取り切れない場合もあります。

効果はシミの状態によって変わりますが、個人差もある為、絶対にこういう人には効果があるとは言い切ることができません。しかし、医師に指示された通りしっかりとアフターケアを行える人は効果が出やすいでしょう。

 

効果が出づらい人

個人差はありますが、効果が出づらい場合がある人は、境界線が不明瞭な薄いシミができている人です。レーザーは色素に反応するため、色素が薄いと反応しにくいこともあります。

しかし、施術前に医師との相談でQスイッチルビーレーザーをお勧めされた場合は、レーザーに反応するシミだと判断されたことになる為、効果が期待できるでしょう。

 

2.Qスイッチルビーレーザーの経過

キュースイッチルビーレーザーを受ける女性

シミの状態や個人差により2、3回程治療する場合もありますが、基本は1回の治療できれいになります。しかし、レーザーを照射してすぐにシミが消えるわけではありません

ダウンタイムが必ずあり、時間を経てきれいになっていくのです。以下にレーザー治療後の経過について細かくお話していきます。

 

Qスイッチルビーレーザー治療後3~5日前後

照射部位に茶色いかさぶたが生じます。ケガをしたときのかさぶたとは違って薄いかさぶたです。処方された軟膏を塗ってテープで保護しておくのがベストです。

 

Qスイッチルビーレーザー治療後1週間~10日前後

このころにかさぶたが自然に取れてきます。かさぶたがとれた後、一旦シミの色素は薄く軽い炎症を残したピンク色のような皮膚になります。周りの皮膚との境界が分かります。

 

Qスイッチルビーレーザー治療後1ヶ月

徐々に炎症が消えてピンク色の肌は目立たなくなり、照射した部分の色はほぼ回復した状態できれいになります。

しかし、約2人に1人の割合で、レーザー照射によって分解された色素により色が濃くなったように見える「炎症後色素沈着」と呼ばれるものがこの頃に出てくることがあります。

 

看護師からのポイント

看護師からのポイント

「炎症後色素沈着」を起こした患者は、レーザーによってシミが逆に濃くなって失敗したと勘違いします。しかし、そうではなくこの色素沈着は想定内の起こりうる現象なのです。

一時的なもので徐々に薄くなっていくため、引き続き日焼け止め剤と処方されるハイドロキノンなどの美白外用剤を塗り続けましょう。

 

Qスイッチルビーレーザー治療後約4~6ヶ月

ほぼ完治した状態となり、きれいになっている頃です。深い頑固なシミでは、この時点でまだ少し色が残っていることがあり、その場合はさらに色を薄くするためにレーザーの再照射を行います。

これにより、1回目の照射でレーザーが達していなかったより深い部分の色素も分解され、効果的に治療が行われます。2回目の照射も1回目とほぼ同じ経過をたどります。

 

2回目の照射をする際は、1回目の照射から6ヶ月は空けるようにしましょう。

 

3.Qスイッチルビーレーザーの注意点

帽子でユーブイケアする女性

Qスイッチルビーレーザーを安全に受け、効果を高めるためには、施術前・施術中・施術後それぞれ注意しなければいけないことがあります。

それぞれご紹介しますのでこれからQスイッチルビーレーザーを受ける人は確認してください。

 

施術前の注意点

レーザー照射後は炎症が起きて赤くなり、3~5日でかさぶたができて7~10日後にかさぶたがとれるというダウンタイムの期間があります。

茶色いかさぶたがとれるまでは治療した部分が目立ってしまうため、余裕をもって治療後約2週間は写真撮影や人と顔を合わせるような大事な予定は入れないようにしましょう。

また、レーザー照射時は痛みが生じるため、痛みを緩和するために照射前の数秒間冷却を行います。ほとんどの方が麻酔クリームや麻酔テープによる麻酔なしで我慢できますが、極端に痛みに弱い方は、事前に医師に伝えて麻酔を希望しましょう。
 

施術中の注意点

レーザーの照射時は痛みが生じます。痛みに強く問題ないだろうと思っていた方でも、照射箇所が多いと苦痛で我慢できなくなる可能性もあるかもしれません。

その場合は施術中無理に我慢せずに医師や看護師にしっかり伝えましょう。

 

施術後の注意点

最も注意すべきことは、レーザー照射後3~5日前後で生じるかさぶたを絶対に剥がさないということです。

剥がすつもりはなくても、洗顔時や化粧を落とす際に無意識にこすってしまい、かさぶたが剥がれてしまうかもしれません。こすることは絶対に避けましょう。

かさぶたは自然に剥がれる前に剥がしてしまうと、また色素沈着が生じてしまうなどのトラブルが生じてしまい、順調な治療経過をたどることができなくなる場合があります。

次に注意すべきことは、日焼けです。治療後よりしっかりとテープや日焼け止め剤でカバーをして直接日光に当てないようにしましょう。かさぶたが取れてからも約3ヶ月は直接日光に当ててはいけません。

色素沈着などのトラブルの元になります。できればその後もずっと紫外線対策をすることをお勧めします。

 

看護師からのポイント

看護師からのポイント

治療後かさぶたがとれるまでは、可能な限り保護テープを貼ったままにすることです。どうしてもテープをはがして化粧をしなければいけない場合は、洗顔はテープを貼ったまま行い、化粧をするときはこすらずそっと優しくファンデーションなどを乗せるようにしましょう。

そして、化粧を落とすときはレーザーを照射した部分だけ無理に落とそうとせず触らないことがベストです。寝ている間はしっかりと保護テープをしましょう。

 

4.Qスイッチルビーレーザーについてよく受ける質問と答え

キューアンドエー

皮膚科に勤務中、Qスイッチルビーレーザーについてよく質問を受けた内容と答えを以下に紹介します。
 

Q1:Qスイッチルビーレーザー後、化粧はいつからしてもいい?

A:化粧はかさぶたが取れるまではしないことがベストです。しかし、仕事をしている場合や外出をする場合、10日間程化粧をしないことはなかなか難しいでしょう。

治療部位にクリニックで処方される外用剤をそっと塗った上から日焼け止め剤を塗り、ファンデーションを乗せるようにすれば可能です。その際絶対にこすらないよう気をつけてください。

 

Q2:Qスイッチルビーレーザーの痛みは?

A:ゴムでパチンと弾かれるような痛みがありますが、ほとんどの方が我慢できる痛みです。

 

Q3:Qスイッチルビーレーザー1回の治療でシミはとれる?

A:1回で取れることの方が多いですが、個人差やシミが深いなどシミの状態によってはもう1、2度レーザーを照射する必要がある場合もあります。その場合は半年以上経過してから再照射を行います。

 

Q4:処方された軟膏はいつまで塗り、いつまでテープを貼ればよいですか?

A:軟膏はかさぶたがとれるまで塗りましょう。テープもかさぶたがとれるまで貼っておくことがベストですが、仕事などの都合により不可能な場合は、上記のQ1のように注意をして化粧をするようにしましょう。

 

Q5:妊娠中Qスイッチルビーレーザーを行うことは可能ですか?

A:妊娠中はホルモンの影響によりシミが濃くなることがありますので、出産後の治療をお勧めします。

 

5.まとめ

しみ治療には、Qスイッチルビーレーザーが効果的です。しかし、レーザーを照射して治療が終了という簡単なものではなく、シミをきれいに取り除くためにはレーザーを照射してからのアフターケアが最も大切だと言えます。

医師の指示の元、しっかりと注意事項を守って十分なアフターケアを行い、効率よく順調な治療経過をたどれるように努めましょう。

関連記事

  1. 皮膚科クリニックで処方されるニキビ治療薬

    皮膚科クリニックで処方されるニキビ治療薬の効果と使用方法

  2. 美肌ポイント3つ

    美肌ポイント3つ | 美容皮膚科勤務の看護師が実感している方…

  3. 虫眼鏡でシミを見つける女性

    「QスイッチYAGレーザーの経過・注意点について」

  4. 高濃度ビタミンシーを受ける女性

    高濃度ビタミンC点滴を行う前の3つの確認事項

  5. 肝斑がある女性

    肝斑の原因と予防方法について