医療脱毛を受ける病院の選び方!良い病院・悪い病院とは

医療脱毛を受ける病院の選び方!

永久脱毛を受けるなら断然、病院での医療脱毛です。

最近では、美容皮膚科や美容外科だけでなく、エステでも永久脱毛を取り扱っているところが増えました。

その中でも病院での医療脱毛をおすすめする理由は、脱毛マシーンの性能です。

より効果的な脱毛が期待できる高出力のマシーンは、医師か看護師しか取り扱うことができません。

医師資格、看護師資格がなくても取り扱えるマシーンを導入しているエステよりも、病院で受ける方が結果的に金銭的にも時間的にもリーズナブルに行えます

それでは、安心して医療脱毛を受けることのできる病院はいったいどんなところでしょうか。

ここでは、安心できる病院の選び方のポイントと避けるべき病院についてご説明します。

この記事を書いた人

ニックネーム:きょん猫
役職:看護師
大阪出身。社会人を経て看護師となり東京、大阪で働いていました。看護師として美容皮膚科の勤務経験があります。

1.安心して医療脱毛を受けられる病院とは

安心して医療脱毛を受けられる病院とは

医療脱毛は、効果のあるぶん、皮膚へのダメージは免れません。

しかし、適切な施術とケアによって、最大限にダメージを防御することは可能です。

そんな安心できる病院を見抜くためのポイントを解説していきます。

 

(1)新しい脱毛マシーンを使用している

新しいマシーンは、それだけ改良されているため、より効果的に脱毛ができるようになっています。

ひと昔前までは、永久脱毛といえば「とにかく痛い」「時間がかかる」「お金がかかる」というイメージでした。

しかし、新しいマシーンになるほど、劇的に痛みも減り、1回あたりの効果も上がっています

信頼できる脱毛マシーンとして代表的なものを3つご紹介します。

ダイオードレーザー FDA(米国厚生省食品医療局)において、永久脱毛があると認可されている
高い脱毛効果があり、痛みも少なく肌にも優しく安全性がある
毛の色や太さ、肌の色に関わりなく施術を受けることができる
産毛にも効果がある
レーザーを直接肌に照射して、皮膚の表面を通過して毛母細胞のみにダメージを与える
レーザーの照射野が四角形になっているため、脱毛のときにムラができない
冷却したジェルを塗布しながら行うことで、より痛みを軽減できる
代表的な機種は、ライトシェアデュエット、ソプラノ、メディオスター
アレキサンドライトレーザー FDA(米国厚生省食品医療局)において、永久脱毛があると認可されている
レーザー照射の時には、ジェルを使わずに冷却ガスを噴射しながら行う
ジェルを使用しないため塗布時間や拭き取り時間がなく、施術時間の短縮ができる
痛みと皮膚ダメージがとても少ない
直径1~2センチの広さを1回で照射する
照射時間は0.1秒であるため短時間で広範囲の脱毛ができる
脇や脛などの濃い毛に強いレーザーである
代表的な機械は、ジェントルレーズ、アポジーエリート、G-Max
ヤグレーザー FDA(米国厚生省食品医療局)において、永久脱毛があると認可されている
皮膚の奥深くにまでレーザーが届くため、上記のダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーでは脱毛しきれなかった根深い毛を脱毛することができる
メラニン色素への反応が弱いため、色黒の方や色素沈着した方でも施術できる
施術時にジェルの塗布をしなくてよい
多少の痛みを感じることがある
最近では脱毛のメイン機種に使うことは少なく、ダイオードレーザー・アレキサンドライトレーザーの補助的に使用することが多い
代表的な機械は、ジェントルヤグ、クールグライド

どの医療レーザーを選ぶか迷うところです。

  • 毛を完全になくしたい、産毛を脱毛したい、白髪や明るい毛が混じっているなどの場合はダイオードレーザー
  • 脇などの濃い毛だけ脱毛したい、早く終わらせたい場合はアレキサンドライトレーザー
  • ダイオードレーザーかアレキサンドライトレーザーを実施したが脱毛しきれなかった毛がある場合や、濃い髭などにはヤグレーザー

というふうに選ぶことをおすすめします。

 

どの脱毛マシーンを使用しているか確認する

その病院がどんな脱毛マシーンを使用しているのか、電話問い合わせやカウンセリング時に確かめましょう。

脱毛マシーンは、いろいろな会社から新しいものが発売されていますが、現在主流で使用されているマシーンは上記のものになります。

それ以外のマシーンを導入している病院もあるでしょうが、その時は、ダイオードレーザーなのかアレキサンドライトレーザーなのか聞いてみましょう。

そのどちらかをメインの脱毛マシーンとして使用している病院が望ましいです。

他の脱毛マシーンをメイン機種にしているところは、あまり医療脱毛に力を入れていないと考えてよいでしょう。

 

(2)希望により麻酔を実施している

痛みを感じる程度は個人によって様々であるため、希望により麻酔をしてくれる病院が良いでしょう。

Vラインなどの濃い毛や、指の毛は痛みが強く感じることがあります。

私自身は、全身どの部位の脱毛時も痛みは感じるものの、麻酔をするほどではなかったです。Vラインでも大丈夫でした。

痛みに敏感な方は、麻酔はキシロカインジェルを塗布して、しばらく放置したのちふき取ってから脱毛を実施します。

痛みの軽減に関しても、患者の希望を聞いて適切に実施してくれるのが良心的な病院だといえます。

 

(3)適正な価格設定で、お得なコース設定がある

医療脱毛は自由診療になるため病院によって価格設定がまちまちですが、良心的な病院は的外れな価格設定にはしないものです。

一般的な病院の価格設定についてご説明します。

脇の場合、1回あたり3,000~5,000円程度が一般的です。

脱毛は、その時に生えている毛にしか効果がないため、毛周期を考えて1~2ヶ月ごとに実施します。

2回実施後くらいから効果を感じ始め、多くの方が3~4回で確かな効果を実感します。

完全に脱毛が終わるには個人差はありますが5~6回の施術が必要とされています。そのため6回コースを導入している病院が多いです。

その他、初回お試しなどを実施している病院も多くあります。

 

(4)丁寧なカウンセリングをしてくれる

医療脱毛は、美容皮膚科の他の施術とは違い1回では終わりません。それには、毛周期のサイクルが関係しています。

脱毛できる部位は全身に渡っていますが、部位によって毛周期のサイクルも変わってきます。

このような毛周期のこと、皮膚のこと、前出の脱毛マシーンのことを、患者に理解しやすく丁寧に説明できるかが大切です。

説明が分かりやすく丁寧であれば、施術も丁寧であることが多いです。

 

(5)施術ごとに肌の状態を診察してくれる

医療脱毛は効果が絶大であるぶん、皮膚への負担もあります。

また、その時の肌の状態によって施術を見合わせた方が良い時もあります。

時には、肌が過剰に反応してダメージを受ける場合も考えられます

そのため、初診時だけでなく施術ごとに診察をしてくれる病院がいいでしょう。

 

(6)アフターケアをしてくれる

施術直後は大丈夫でも、自宅に帰ってから皮膚状態が変化することもあります。

同じ施術を行っても、その時の体調によっては後から変化が起こることも考えられます。

そんな時も、いつでも診察してもらえる美容皮膚科だと安心です。

 

2.医療脱毛の施術を避けたい病院とは

医療脱毛の施術を避けたい病院とは

良くない病院というのは、なかなか外からは分かりにくいものですが、避けた方がよい病院の特徴をご紹介します。

 

(1)並外れて価格が低い

相場と比べて価格が低すぎるのは、脱毛マシーンが古いか、腕に自信がないことが考えられます。

また、あまり医療脱毛そのものに力を入れていないことも考えられます。

医療脱毛の施術に自信があり、力を入れている場合は、それ相応の機材やスタッフを用意するものです。そうすると、おのずと価格設定も相場に近くなります。

良い病院の場合はキャンペーンを実施していたり、お得なコース設定を実施していたりするため、それらも目安にしてください。

 

(2)医師やスタッフの知識が乏しい

診察やカウンセリング、または電話問い合わせの際に質問に対してはっきりした答えが返ってこなかったり、浅い説明しかしてくれなかったり、曖昧な回答をしたりする場合は、スタッフの知識が乏しいことが疑われます。

知識はなくても、機械の使い方さえ覚えれば脱毛マシーンは使えてしまいます。

しっかりした知識がないと、咄嗟のトラブルに対処できない、患者にとってより快適な施術ができない、などの問題が発生します。

 

(3)病院の口コミがあまりに悪い

患者と医師・スタッフとの相性というものはあるため、口コミを鵜呑みにはできません。しかし、あまりに悪い口コミがある病院は注意した方がいいでしょう。

良心的な病院では、もしも一方的に患者がクレームを言っていると分かっていても、その患者が納得するような対応をするものです。

悪い口コミのある病院というのは、患者の満足度をあげられなかったという点で、ひとつの目安となります。

 

まとめ

安心できる病院では、医療脱毛のメリット・デメリットを十分考慮したうえで、診察・施術・アフターケアが行われています。

そのため、大きな効果をあげながら、皮膚ダメージを最大限に減らすことができます。

信頼できる病院を上手に見極めて、快適な医療脱毛を受けましょう。

看護師がお勧めする医療脱毛クリニック

フェミークリニックフェミークリニック
看護師のおすすめ度:★★★★☆(4.0)
東京・大阪に計6店舗を構えています。東京では渋谷・池袋・新宿・銀座、大阪では梅田・心斎橋にあり、通える方が限定されますが、数々の症例もありますのでとても信頼できるサロンです。

リゼクリニックリゼクリニック
看護師のおすすめ度:★★★☆☆(3.5)
全国に19院があり、シェービング代やキャンセル料無料など表示金額以外の料金が一切かからないのが魅力的で、スタッフ教育はできています。首都圏では14院展開しています。

関連記事

  1. 顔脱毛する女性

    顔の医療脱毛の効果!平均回数や値段は?

  2. 足の脱毛を受ける女性

    医療脱毛6つのトラブルとは?対処法を看護師がご紹介!

  3. ブイアイオー医療脱毛する女性看護師

    VIO医療脱毛の痛みはどれくらい?効果はあるの?

  4. 医療脱毛契約後の解約の注意点、トラブルを避ける方法

    医療脱毛契約後の解約の注意点、トラブルを避ける方法とは

  5. 医療脱毛のカウンセリング

    医療脱毛を受ける際のカウンセリングのポイント

  6. 鼻下脱毛を勧める女性

    鼻下脱毛(医療)の疑問を元美容皮膚科看護師が回答!