医療脱毛を受ける際のカウンセリングのポイント

医療脱毛のカウンセリング

医療脱毛を実施する病院はたくさんありますので、自分に合った病院をどうやって選べばいいか悩んでいる方も多いと思います。

安心で信頼ができ、自分の希望に合う病院を選ぶためには、カウンセリングが重要になります。

このページでは、医療脱毛を受ける際のカウンセリングのポイントについて説明します。

この記事を書いた人

ニックネーム:きょん猫
役職:看護師
大阪出身。社会人を経て看護師となり東京、大阪で働いていました。看護師として美容皮膚科の勤務経験があります。


1.脱毛カウンセリングで聞くこと

カウンセリングを受ける患者

カウンセリングでは、ひととおりの説明を受けたら、疑問に思ったことはシッカリと質問しましょう。そして自分の希望を伝えることも大切です。

カウンセリングで確認すべきことをあげていきます。

 

脱毛マシーンの種類はなにか

脱毛マシーンは何を使っているのかを確認しましょう。現在、医療脱毛では「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「ヤグレーザー」の3種類が主流機種です。

ジェルの塗布 特徴
ダイオードレーザー ・肌の色を問わない
・薄い色の毛や産毛に最適
アレキサンドライトレーザー ・冷却ガス噴出で痛み軽減
・濃い毛に最適
ヤグレーザー ・皮膚の奥深くまでレーザーが届く
・根深い毛に最適
・痛みを感じやすい

以上の特徴から、ダイオードレーザーかアレキサンドライトレーザーをメインに施術をし、もし根深い毛が残ってしまって気になるようならヤグレーザーを実施する、というのが一番効率的かと思います。

それぞれの脱毛マシーンの特徴を知って、自分の希望に合うもので実施したいですね。

 

医療脱毛を希望する部位と価格、回数

自分が脱毛を希望する箇所や希望の仕上がりによってはお得なプランが設定されていることもあるため、カウンセリングでしっかり確認することです。

医療脱毛では、効果を実感するには少なくとも4~5回の施術が必要であり、脱毛部位の広さによって価格が変わります。そのため6回コースをセット価格で設定している病院も多いです。

 

医療脱毛は皮膚へのダメージもありますし、多少の痛みもともないますので1回お試し価格などを設けている病院もあります。

医療脱毛の施術が自分の肌で大丈夫かどうか、痛みは耐えられる範囲なのか、などを試してみることができます。

 

医療脱毛の施術毎に診察があるか

不安定な肌の状態で施術を受けてしまうと後から赤みや腫れや炎症を起こすことがあるため、施術前に皮膚状態を診察をしてくれる美容皮膚科が安心です。

施術前はなんともなかったのに、施術後に思いがけず炎症を起こすこともありえます。肌トラブルを起こさないためには、施術後も診察をしてくれる美容皮膚科が良いでしょう。

 

麻酔について

痛みの感じ方は個人差が多いので、自分がどうしても痛みに耐えれなかった場合のことを考えて、希望により麻酔を実施してもらえるのか確認しておいた方がよいでしょう。

部位により痛みは違います。背中の毛など薄い毛への照射は痛みを感じずらいですが、Vラインなどの濃い毛は痛かった、ということが多いです。

 

アフターケアについて

施術後の診察では異常なしだったのにも関わらず、家に帰ったら赤く腫れてきた、ということもあります。

肌トラブルが起きた時は早めの対処が肝心ですので、その際後から診察をしてケアをしてくれるのかを確認しておきましょう。

 

症例写真を見せてもらえるか

初めて医療脱毛を受ける場合、どのように毛量が減っていくのかピンとこなかったりもしますね。
そんなときは、これまでの症例写真を見せてもらいましょう。施術前の状態、1回実施後、数回実施後の経過写真を見せてもらえば一目瞭然ですね。

 

2.医療脱毛、クリニックの選び方

パウダールーム

医療脱毛を受ける際、カウンセリング時にチェックしておくべきポイントをまとめます。

医療脱毛は価格も高く、肌に負担をかける施術であるため肌トラブルのリスクもあります。気持ちよく医療脱毛を受けるためにはクリニックの選び方を把握しておいてください。

 

プライバシーが保てているか

病院によっては、カーテン1枚を隔てた中で施術を行っています。Vラインなど人に見られたくない箇所を脱毛する時は個室の方が安心するのではないでしょうか。

プライバシーの配慮が足りないクリニックは避けたほうが無難です。必ずプライバシーについて確認しておきましょう。

 

施設の雰囲気や設備は十分か

医療脱毛は何度も施設へ足を運ばなければならないことから、心地よい施設であることは重要です。

受付スタッフの対応やスタッフの連携がとれている施設はおのずと雰囲気が良いです。また、待合室にフリードリンクやちょっとしたお菓子、雑誌などがある施設は快適に過ごすことができます。

そして忘れてはならないのはパウダールームです。特に顔脱毛を行った際は髪は乱れ、化粧もしていない状態です。

きちんとした髪型とメイクで施設をでるためには、ドライヤー・くし・基礎化粧水・日焼け止めなどをレンタルしてくれる施設が良いでしょう。

 

契約内容をしっかり説明してくれるか

良心的な病院では、契約書を見せながら記載事項の順番に説明をしてくれます。しっかりとした説明なくハンコを押させるようなクリニックは絶対にやめておきましょう

契約書には、脱毛部位、価格(コースで申し込んだならその内容)、脱毛マシーンの特徴、皮膚状態が悪化した際の対処法(診察をして必要ならば薬を処方する等)が書かれてあります。

分からない点があれば質問をし、スタッフがどれだけ丁寧に答えてくれるかも契約しても良いクリニックか見極めるポイントになります。

 

3.まとめ

医療脱毛なら、痛みも少なく希望によっては麻酔も実施してもらえるため、ほぼ苦痛なしに施術が可能です。

そのためにもカウンセリングで、自分の希望に合う病院を見つけることが大切です。ホームページや電話問い合わせだけでは見えないことがたくさんあります

いくつかの病院をピックアップして、上記記載事項に注意しながらカウンセリングを受けて、自分にとっての理想の病院に出会いましょう。

看護師がお勧めする医療脱毛クリニック

フェミークリニックフェミークリニック
看護師のおすすめ度:★★★★☆(4.0)
東京・大阪に計6店舗を構えています。東京では渋谷・池袋・新宿・銀座、大阪では梅田・心斎橋にあり、通える方が限定されますが、数々の症例もありますのでとても信頼できるサロンです。

リゼクリニックリゼクリニック
看護師のおすすめ度:★★★☆☆(3.5)
全国に19院があり、シェービング代やキャンセル料無料など表示金額以外の料金が一切かからないのが魅力的で、スタッフ教育はできています。首都圏では14院展開しています。

関連記事

  1. 医療髭脱毛をする男性

    メンズ髭脱毛の6つの注意点!価格や回数をチェック!

  2. 顔脱毛する女性

    顔の医療脱毛の効果!平均回数や値段は?

  3. 医療脱毛契約後の解約の注意点、トラブルを避ける方法

    医療脱毛契約後の解約の注意点、トラブルを避ける方法とは

  4. 医療脱毛を受ける病院の選び方!

    医療脱毛を受ける病院の選び方!良い病院・悪い病院とは

  5. うなじと蝶

    うなじ脱毛する前の5つのチェックポイント

  6. 足の脱毛を受ける女性

    医療脱毛6つのトラブルとは?対処法を看護師がご紹介!