医療脱毛契約後の解約の注意点、トラブルを避ける方法とは

医療脱毛契約後の解約の注意点、トラブルを避ける方法

医療脱毛は1回ずつの施術も可能ですが、効果を実感するまでには数回の施術が必要となります。

そのため、数回分をセット価格にしたコース設定を採用している病院が多くあります。そのコースを組む方がお得なことが多いです。

しかし、そんな医療脱毛のお得なコース契約をしたものの、急な転勤や病気引っ越し、妊娠、家庭の事情などで通えなくなることもあるかもしれません。

また、その病院の雰囲気やスタッフの態度が気に入らない、肌が荒れてしまった、などの理由で解約したいということもあり得ます。

病院は特定商取引法の対象とならず、クーリングオフ制度を使えないため注意が必要です。

このページでは、医療脱毛の契約後の解約方法とその注意点、トラブルを避ける方法についてご説明します。

この記事を書いた人

ニックネーム:きょん猫
役職:看護師
大阪出身。社会人を経て看護師となり東京、大阪で働いていました。看護師として美容皮膚科の勤務経験があります。

1.医療脱毛の契約後の解約方法と注意点

医療脱毛の契約後の解約方法と注意点

良心的な病院では、返金保証を設けているところがあります。解約手数料も無料というところもあります。

返金保証はあるが、解約手数料がかかるという病院もあります。

返金保証を設けていないところでは、たとえ解約をしても支払った代金は返ってきません。

一度も施術を受けていない 返金保証のある病院
電話連絡し、後日解約手続きを行う
返金保証のない病院
事情によっては手数料を差し引いて返金される場合もある
何度か施術を受けた 返金保証のある病院
コース料金から実施した回数分差し引いて返金される
(手数料がかかる病院はさらに手数料を引いた金額)
返金保証のない病院
特別に返金に応じることは少ない

それぞれの病院で解約をするには、具体的にどういったことをすればいいのか以下で詳しくご説明します。

 

(1)一度も施術を受けていない場合

返金保証を設けている病院なら、まずは電話連絡をしましょう。事情を話して、後日、解約の手続きに行くことになります。

電話の際に、持参するものを確認しましょう。契約書、印鑑が必要になることが多いです。

返金保証を設けていない病院でも、まずは電話で相談してみましょう。

病院によっては、事情によって手数料を差し引くということで返金される場合も考えられます

切羽詰まった事情により解約をしたいのなら、そのむねを話して相談してみるのもいいでしょう。

 

(2)何度か施術を受けている場合

この場合も、とにかく電話で連絡をしましょう。そして、その後改めて手続きを行います。

返金保証のある病院の場合、単純にコース料金から、実施した回数分の金額を差し引いたものが返金されます。

手数料がかかる病院では、そこから手数料を差し引いたものが返金されます。

返金制度を設けていない病院は、何度か施術を受けている場合は、特別に返金に応じるということは少ないようです。

 

やむを得ない事情がある場合は正直に相談してみる

突然の病気など、やむにやまれぬ事情がある場合は正直に相談してみるのもいいでしょう。

私自身、突然の体調不良で次に通えるめどがつかなくなったとき、その事情を打ち明けてみたところ手数料を差し引くということで残金を返金してもらえたことがありました。

もともと返金制度を設けていない病院では、なかなかそのようにいかないことが多いかもしれませんが、あきらめずに相談することをおすすめします。

 

2.医療脱毛契約後の解約トラブルを避ける方法

医療脱毛契約後の解約トラブルを避ける方法

契約後の解約を巡って、なるべく問題が起こらないようにするために、気を付けておくべきことをご紹介します。

 

(1)返金保証のある病院を選ぶ

そもそもの病院選びとして、返金保証のある病院を選びましょう。

カウンセリングのときに、解約方法も聞いておくことはよりベストです。そこまで納得してから契約すべきです。

 

(2)少しでも疑問があったら契約しない

早く脱毛を始めたいという気持ちから、すぐに契約してしまうようなことは避けましょう。

カウンセリングを受けて、本当に納得してから契約をするべきです。

とにかく、少しでも疑問や違和感の残る病院では契約をしないことです。

 

(3)初回お試しを実施してみてから契約する

とても気に入った病院やスタッフに巡り会えたとしても、どうしても自分の肌に合わないということも考えられるため、いきなりコースを組まずに、初回お試しなどを検討しましょう。

または、1回のみの実施をしてみることをおすすめします。

良心的な病院では、1回のみ実施した場合、その後コース契約するときにその1回もコース内の1回とみなしてくれるところもあります。

 

 

(4)契約書類一式は大切にしまっておく

契約したときは「大丈夫!」と思っていても、もしものために契約書類一式は大切に保管しておきましょう。

契約内容の確認をしたいときにも必要です。

 

3.医療脱毛の解約前に検討したいこと

医療脱毛の解約前に検討したいこと

医療脱毛の契約後に解約したいと考えたとき、理由によっては解約を検討し直すことも必要です。

 

(1)妊娠した場合

妊娠中は医療脱毛を避けた方が良いとされているため、そのまま施術を受けることはおすすめしません。

しかし、契約期間を中断することや、延期ができることもあるため、病院に確認してみましょう。

産後に医療脱毛を再開したいという希望があるのなら、解約せずに中断という形を取った方がお得です。

 

(2)肌に合わなかった場合

医療脱毛は高出力マシーンを使用するため、肌トラブルが起きることがあります。

また、初回は大丈夫でも数回目にトラブルが起きるということもあります。ちょっとした体調の変化も肌トラブルにつながります。

そんなときは、解約を考える前に、どうして肌トラブルが起きてしまったのか、診察をしてもらって原因を確かめましょう

そして治療を受けた上で、今後その肌トラブルが回避できるかどうか相談しましょう。

医療脱毛のマシーンは出力の調整が可能であるため、患者の肌の調子によって対応できることも多いです。

 

(3)効果を感じられない場合

医療脱毛は、最初はなかなか効果が実感できないものです。しかし、数回施術を受けてみても効果が実感できない場合は、その旨を伝えましょう。

多くの病院では経過写真を撮るため、それを見せてもらうことで、脱毛効果が分かることがあります。

また、脱毛マシーンの出力を調整することで解決することがあります。

 

(4)痛みに耐えられなかった場合

思っていたよりも痛みがあって耐えられそうにない場合は、そのことを相談しましょう。病院では、痛みへの対応策を用意しています。

最初は出力をおさえて痛みを軽減して、徐々に出力をあげていく方法や、麻酔クリームや麻酔シールを使う方法があります。

ジェルを使う脱毛マシーンの場合は、ジェルを冷却して痛みを軽減するという方法もあります。

痛みについては我慢せずスタッフに相談しましょう。

 

まとめ

これから医療脱毛を受けてみようと考えている方は、もしものことを考えて返金保証のある病院を選んだ方が良いでしょう。

カウンセリングで納得のいくまで質問をして、説明をしてもらって、慎重に考えて契約してください。

また、施術が始まってからも、疑問に思ったことや、悩んだときはスタッフに相談しましょう。

いろいろな解決策を用意している病院がほとんどであるため、解約を考える前にまずは相談が必要です。

看護師がお勧めする医療脱毛クリニック

フェミークリニックフェミークリニック
看護師のおすすめ度:★★★★☆(4.0)
東京・大阪に計6店舗を構えています。東京では渋谷・池袋・新宿・銀座、大阪では梅田・心斎橋にあり、通える方が限定されますが、数々の症例もありますのでとても信頼できるサロンです。

リゼクリニックリゼクリニック
看護師のおすすめ度:★★★☆☆(3.5)
全国に19院があり、シェービング代やキャンセル料無料など表示金額以外の料金が一切かからないのが魅力的で、スタッフ教育はできています。首都圏では14院展開しています。

関連記事

  1. 顔脱毛する女性

    顔の医療脱毛の効果!平均回数や値段は?

  2. 医療髭脱毛をする男性

    メンズ髭脱毛の6つの注意点!価格や回数をチェック!

  3. 医療脱毛のカウンセリング

    医療脱毛を受ける際のカウンセリングのポイント

  4. 医療脱毛を受ける病院の選び方!

    医療脱毛を受ける病院の選び方!良い病院・悪い病院とは

  5. おでこ脱毛した女性

    おでこ脱毛する前の7つのチェックポイント

  6. 鼻下脱毛を勧める女性

    鼻下脱毛(医療)の疑問を元美容皮膚科看護師が回答!