最新美容レーザー「イントラセル」とは?看護師が教える効果とメリット・デメリット

最新美容レーザー「イントラセル」とは?

「美容レーザー処置」は日本でも続々と導入されてきています。一般的な美容外科手術に比べ手軽であり、かつエステや化粧品と比較すると確実に効果を発揮することができます。

様々なレーザー処置用機械があり、今日では日本にも次々と輸入されつつあります。

今回はその中でも最新マシーンである「イントラセル」について、その効果やメリット・デメリットなどについてご紹介します。

この記事を書いた人

ニックネーム:こむぎ
役職:看護師
息子を持つアラサーママ看護師です。 美容外科クリニックは大手も個人も数多く働いていた経験があります。

1.「イントラセル」とは?メリットとデメリット

「イントラセル」とは?

エネルギー源は「ラジオ波(RF)」です。これは肌細胞内のタンパク質が熱変性することでコラーゲン生成が促進され、様々な美容効果をもたらします。

イントラセルは専用のチップを用いて直接針を真皮層まで刺入、針先端からラジオ波を放出することによりダイレクトに真皮層にエネルギーを届けることができる仕組みです。

 

(1)従来のラジオ波治療と比べて劇的な効果アップが期待できる

今までは通常のラジオ波照射のみだと、表皮のコンディションや抵抗源により、治療目的である真皮層まで充分なエネルギーを届けることができませんでした。

「イントラセル」の場合、この表皮層の阻害を無視して真皮層へエネルギーを直接照射できるのです。

看護師ポイント

看護師からのポイント

イントラセルと類似の処置として「フラクショナルレーザー」を推奨している場合がありますが、この治療も表皮からのアプローチによりエネルギーを照射するものであるため、治療に関係のない表皮層へのダメージが強く現れます。

そしてエネルギーの大半が表皮層で阻害されてしまいます。

 

(2)メリット:やけどのリスクがない

イントラセルは直接真皮層にエネルギーが届き、表皮へ熱エネルギーはないため「やけど」の心配がありません。

従来のレーザー処置ではどうしても表皮を経由したエネルギー照射であったため、少なからずやけどのリスクがありました。

 

(3)デメリット:治療の際、多少の痛みがある

よく「イントラセルは痛くない」と言われていますが、エネルギーを真皮層に届けるために肌に直接剣山のような細かい針をたくさん刺すため、痛みはあります。

しかし、今までのラジオ波治療と比べるとはるかに痛みは少なくなっています

そしてどの美容外科でも取り扱いのある「表面麻酔」によって痛みはかなり抑えられますので治療に耐えられないということも無いかとは思います。

 

2.イントラセルをおすすめする人・おすすめしない人

イントラセルをおすすめする人・おすすめしない人

自分自身がイントラセルに向いているのかいないのかを、検証しましょう。

 

(1)ニキビ・ニキビ跡を改善したい人におすすめ

ラジオ波の治療効果としては「お肌の引き締め」「肌のハリ、ツヤをアップ」「軽度たるみの改善」など様々ですが、何と言ってもイントラセルでの劇的な効果を期待できるのは「ニキビ跡」ではないでしょうか。

真皮に直接エネルギーを届けるための針による穿刺ダメージによって、肌はその傷を治そうとします。それにより血行が良くなり、ニキビやニキビ跡改善に必要な「ターンオーバーの正常化」が起こります

基本的には活動性ニキビ(赤い炎症性ニキビ)にも効果があると言われており、実際にニキビ自体が減ったという報告も多いです。

一時的に治療の刺激でニキビが増えることがあります。保湿ケアと紫外線防止ケアを怠らず、症状が落ち着いてくるのを待ちましょう。

 

レーザー治療より短期間で効果を得ることができる

一般的にはレーザー治療は1ヶ月に一回を4~5回繰り返すのが平均です。しかしイントラセルでは1~3回でも充分な効果を発揮しているようです。

どのラインをゴールにするかは皮膚科治療のテーマでもあるため、多少の個人差はありますが、それでも従来の治療に比べると驚くほど安全に効果が高く、かつ短時間でニキビ跡を改善することができるのではないでしょうか。

 

(2)たるみ治療したい人にはおすすめしない

たるみ治療にはイントラセルをおすすめしません。

理由としては、たるみ治療をイントラセルで受けるよりも同じような価格帯で(もしくはもっと安い料金で)もっとたるみ治療に特化した美容レーザーが世の中にたくさんあるためです。

もちろん、イントラセルでも間違いなく引き締め効果は起こりますが、やはり副次的作用として捉えておいた方がいいかもしれません。きっと物足りなさを感じるはずです。

たるみ治療をするのであれば他のレーザー処置か注入処置、糸のリフトアップなどをお勧めします。

 

(3)妊娠線の治療は効果が出にくい

妊娠線は真皮層の「断裂」によってできてしまったものであり、ニキビ跡の「陥没」よりもさらに大きなダメージを受けていることになります。

さすがのイントラセルでもなかなか効果が出にくいのが実情です。なかなか改善が見込めなくてもめげないメンタル力と根気が必要です。

それでも今までのレーザー処置では手も足も出なかった妊娠線治療であるため、イントラセルは画期的な治療ではありますが、妊娠線だけは効果が出るまでに時間がかかると思っておいてください。

 

3.イントラセル治療後の効果を高めるためには?

イントラセル治療後の効果を高めるためには?

イントラセル治療後、より効果を高めるために行うべきことと、してはいけないNG行為をご説明します。

 

(1)新たなニキビ跡、ニキビの予防が大切

治療直後は日焼けしやすい状態であるため、ニキビ跡の色素沈着を防ぐために「日焼け予防」が大切です。

そして、肌の下で熱エネルギーが蓄積していますのでいつもより乾燥しやすい状態にあります。乾燥は新たなニキビの原因にもなりますので「保湿ケア」をしっかりとしましょう。

 

(2)処置当日に血流が良くなりすぎる行為はNG

処置当日に長湯や飲酒、激しい運動をして血流が良くなりすぎるとダウンタイムが長くなってしまいます。

処置当日は軽いシャワー浴とし、充分な保湿ケアをしてお休みしましょう。

 

4.イントラセルをめぐるトラブルの対処法

イントラセルをめぐるトラブルの対処法

イントラセルをめぐるトラブルの例や、トラブル防止のために取るべき行動、またトラブルが起こった際の対処をご紹介します。

 

(1)治療の前に必ず医師と最終確認をする

美容皮膚科は不確定要素が多く個人差が出やすい治療と言えます。自分のゴールがどこにあるかを明確にし、そこに至るまでにはどのような治療が必要かどうかを必ず医師と相談しましょう。

稀に医師ではない「カウンセラー」と称す人たちが事前に問診をすることがあるかもしれません。彼女たちは無資格です。治療方針の診断も予想もできません。

彼女たちの言っていることはあくまで一般論であるため最終確認は医師に行いましょう。

起こりうる副作用をしっかりと確認した上で、その副作用が起こる可能性があっても自分は治療をしたいのかを判断しましょう。

 

(2)照射回数を照射してもらえたか自分で確認する

イントラセルは針を穿刺するチップであるため、当然ですが1チップ1患者として治療しています。

このチップには1チップの照射回数が決められていますが、悪徳美容外科では、患者に使用したチップに残回数があると洗浄・滅菌して別の患者の治療に再利用しているとの噂を聞いたことがあります。

このトラブルを防ぐためにもそのチップが何回照射できるものなのか、自分自身で確実にその照射回数を照射してもらえたのかを確認しましょう。

 

(3)トラブルが起こった際の手段

イントラセルだとあまりトラブルはありませんが、もし万が一カウンセリングで聞いていない事態や症状が起こった時は、自分が今後どうしていきたいのかを明確にし、担当の医師と話し合いましょう。

手段としては

  • 治療を中止し残回数代金の清算
  • 治療は継続するが必要分の追加料金は病院負担
  • 他の治療にシフトする。料金は病院と応相談
  • 治療を中止し全額返済

などがあります。クレームというとやややりにくさもあるでしょうが、自分自身を守る意味でも方向性を明確にし、根気強く交渉しましょう

 

まとめ

私自身も10年ほど前に頬のニキビ跡治療でイントラセルを3回行いました。

結果として、全くなくなったとは言えませんがかなり浅く且つ範囲が狭くなり目立ちにくくなりました。以前は時々人に「そのほっぺたどうしたの?」と聞かれることもありましたが、今では全くそんなことはありません。

結婚して3年目の主人にも「え?そんなのあったっけ?あー、言われてみれば確かに…」と言われるほどすっぴん時でも分からなくなっています。

長年悩まされてコンプレックスを抱えているなら、是非一度美容外科に相談に行ってみることをお勧めします。

関連記事

  1. 美容整形外科の選び方

    美容整形外科の選び方 | 知らないと危険!ナースが教える避け…

  2. 目頭切開した女性

    「目頭切開で失敗しない方法!美容外科看護師が解説」

  3. ボトックス注射を受ける病院の選び方を伝授!

    ボトックス注射で失敗しない!カウンセリングで必ず聞きたいこと…

  4. 美容皮膚科選び方とは?勤務していた看護師の私

    美容皮膚科選び方とは?勤務していた看護師の私は、こう選ぶ!

  5. イントラセルの効果に驚く女性

    イントラセルの実際の効果を元美容皮膚科看護師が紹介!

  6. ボトックス注射を受ける病院の選び方を看護師が伝授!

    ボトックス注射を受ける病院の選び方を伝授!