おでこ脱毛する前の7つのチェックポイント

おでこ脱毛した女性

顔の印象はおでこの広さや形で大きく変わってきます

おでこ脱毛をしておでこを広くしたい、形を変えたいと思っているがなかなか踏み出せない人もいるでしょう。

一般的によく行われる箇所ではない為、実際にはエステやクリニックなどどこに行けばよいのか、どの脱毛方法がよいのかなど分からない点が多くあるからだと思います。

看護師として患者に多くの医療レーザー脱毛を行った私が、実際に経験したことなど体験談を交えながら7つのチェックポイントについて詳しくお話していきます。

この記事を書いた人 看護師L&K

ニックネーム:L&K
役職:看護師・保健師
私は4年間大学病院に勤務し、その後5年間クリニックに勤めました。現在は2児の母として子育てに奮闘してます。私の経験したことを皆様の役に立つために分かりやすく執筆してきます。


1.おでこを広くしたい!脱毛方法は?

おでこが狭い女性

おでこを広くしたい場合、主に医療レーザー脱毛・エステ脱毛・セルフ脱毛で脱毛することが主流です。

それぞれの脱毛方法と看護師の見解を交えてご紹介していきます。

 

医療レーザーでおでこ脱毛

医療レーザー脱毛とは、医師の管理の元、医療機関のみで行える機器を使った脱毛です。

レーザーの光が毛のメラニン色素に反応して熱を発生させ、毛や毛根を育てる毛母細胞を破壊させることにより半永久的に脱毛ができるという仕組みになっております。

患者が安全かつ効率よく脱毛を行えるように医師が管理をしている為、万が一肌トラブルが生じた場合もすぐに対応することができ、看護師である私としては最もお勧めの方法です。

しかし、おでこを広くする為の脱毛は生え際の産毛のみの脱毛が一般的であり、太い髪の毛の脱毛は基本的に不可能とされていることが多いです。

その理由は、髪の毛は太く濃いので医療レーザーが過剰に反応しすぎてしまうことにより、ヤケドのリスクが高くなるからです。

実際に私が勤務していたクリニックでも髪の毛の脱毛は安全性の面からお断りしていました。

 

看護師からのポイント

看護師からのポイント

数少ないですが髪の毛も対応しているクリニックもある為、どうしても髪の毛の部分まで脱毛したい場合は対応しているクリニックを探して問い合わせる必要があります。

 

エステ脱毛でおでこ脱毛

エステ脱毛とは、エステサロンで行われている光脱毛(IPL脱毛、プラズマ脱毛)のことであり、医療機関で使用されている機器よりも照射パワーが弱く、効果が出るまでに時間がかかるという特徴があります。

エステサロンには医師がいない為、肌トラブルなど生じた際は対応することができないことにより、低出力な機器しか使用できないという決まりがあります。

クリニックで働く前は私もエステにて全身脱毛を行っておりましたが、効果が出るまでに時間がかかる上、照射部位にかさぶたができてしまった時も医師がいない為申し出ることができず不安な気持ちでした。

エステ脱毛は医療レーザー脱毛よりもコストは安く済むなど他にも利点はありますが、私としてはあまりお勧めすることはできません。

エステでのおでこ脱毛は医療レーザー脱毛と同様に、髪の毛の部分はヤケドのリスクが高い為不可能とされており、生え際の産毛のみの脱毛となっております。

 

セルフでおでこ脱毛

セルフでの脱毛は、コストがあまりかからず自宅でできる為最も手軽な脱毛ですが、1番避けた方がよい方法だと思います。

セルフ脱毛には市販で販売されているワックスやクリームを使っての脱毛があり、以下にその方法やメリット・デメリットなどをお話ししていきます。

 

ワックス

脱毛ワックスの使用方法はカミソリでムダ毛をさっと剃り、剃った部分を清潔にした後、脱毛したい部分にワックスを貼付します。

数分間時間をおいた後に勢いよくワックスを剥ぎ取るという、ワックスの粘着力を利用して毛を抜き取る脱毛方法です。

毛を無理やり抜く為強い痛みが生じます。そしてワックスを剥がす際に肌への刺激が生じる為、赤くなったりヒリヒリしたり炎症が起こることがある為、顔には絶対にお勧めできません。

またワックス自体が肌への刺激となりかぶれることもある為、手軽かつコストがあまりかからないメリットはありますが、デメリットの方が大きいため絶対に避けた方がよいでしょう。

 

クリーム

脱毛クリームとは、毛の生えた気になる部分にクリームを塗り数分時間を置くことで皮膚の外に出ている毛を溶かすというものです。

毛を抜くのではなく溶かすものなので痛みもなく、手軽に処理をすることができるというメリットがあります。

しかし顔の皮膚は身体よりも皮膚が薄く、クリームによる刺激で肌荒れを起こしてしまうという大きなデメリットがある為絶対に避けた方がよいでしょう。

 

2.おでこ脱毛するとどんな効果があるの?

おでこが広い女性

おでこが狭いことや形に自信がないことにより、おでこを前髪で隠す、帽子をかぶるなどできるだけ見えないようにしている人もいるでしょう。

脱毛をすることによって自信が持てるようになり、思い切っておでこを出すことで表情や雰囲気まで明るくなることが何よりの効果ではないでしょうか。

実際に私が脱毛を担当していた患者の中で、段々と表情が明るくなった患者もいて嬉しく感じたのを覚えています。

 

好きな髪形に挑戦できる

なりたいおでこへ脱毛することで、これまで気にしていたおでこを気にせず好きな髪形にすることができるでしょう。

前髪を全てアップにしたり、斜め分けや真ん中分けにしたりとこれまでにチャレンジできなかった色々な髪形へアレンジして楽しむことができます。

 

肌がきれいに見える

脱毛によっておでこの際の産毛がなくなることにより、肌が全体的に明るくなったように見えます。

また産毛がなくなることで化粧のりもよくなり、肌がきれいに見えるという効果があります。

実際にクリニックで脱毛した患者の多くは、脱毛だけでなく化粧ののりがよくなったとお話されていました。

 

3.おでこ脱毛、人気のデザインは?

おでこの黄金比

私がクリニックで働いていた時に人気のデザインだったのは、顔の形に合った自然な広さのおでこです。

憧れの芸能人のようなきれいなおでこになりたいと望んでいる方もいましたが、元々の顔の形に合ったおでこでなければ不自然で見た目が悪くなってしまいます。

以下にデザインについて詳しくお話していきます。

 

自然に仕上がるデザインはこれ!

自然に仕上がるデザインは、元々の顔の形に合ったおでこの形、広さです。

できる限り「額の髪の生え際から眉毛の生え際」が顔全体の長さの3分の1という理想的な広さに近づくことができるようなおでこを希望する人が最も多かったです。

 

自然に仕上げるには生え際の産毛を元々の自然な形に沿って脱毛をするのですが、産毛を全て脱毛してしまうと少し不自然に見えてしまうことがある為、少しだけ産毛を残す患者の方が多かったです。

 

柔らかい印象になるためには?

顔の形には卵型、丸型、面長型、四角形型、三角形型があり、一般的に卵型、丸型の顔が柔らかい印象を感じると言われています。

卵型、丸型の顔の人によく見られるおでこは、あごのラインよりやや広めであり丸みを帯びている為、そのようなデザインは柔らかい印象に見えると言えるでしょう。

脱毛をする際は、両サイドから額のてっぺんに向けて緩やかなカーブを描くようなデザインにするとよいでしょう。

 

4.おでこ脱毛の失敗談

おでこ脱毛に失敗した女性

クリニックに医療レーザー脱毛をする目的で来院した患者から、セルフでの脱毛、エステ脱毛を行って「失敗した」「後悔している」という声を耳にすることがありました。

私が聞いた具体的な失敗談を以下にお話します。

 

不自然なデザインになった失敗談

ワックスやクリームを使用し、セルフでの脱毛で無理に形を変えようとした為「かつらをかぶったみたいになった」という失敗談を聞きました。

セルフで行うと自然に見えるデザインにできずに脱毛部分が青っぽくなってしまうことや不自然なほどおでこが広くなってしまうことがあったそうです。

また少し毛が伸びてきたときに生え際がツンツンしているようになるなど決して見栄えはよくなかったとのことです。

 

発赤や痛みなどの炎症が起きた失敗談

セルフでの脱毛をするとワックスやクリームによる刺激で額が赤くなったことや「毛穴に沿ってぷつぷつと湿疹のようなものができた」という失敗談を聞きました。

また、ワックスによる脱毛の強い刺激により「ヒリヒリと痛みが生じてしばらく辛かった」というお話を聞いたこともあります。

 

エステサロンで効果が十分に得られなかった失敗談

エステサロンでは低出力な機器を使用するため効果が出るのに時間がかかることは分かっていたものの「予想していた以上に効果が出ない」や「追加料金を払って10回以上脱毛をしたがまだ産毛が残っていて気になる」と後悔している患者が数人いました。

結果的に医療脱毛数回できれいになり、最初から医療脱毛をすべきだったと更に後悔をしている様子でした。

 

5.おでこ脱毛とニキビについて

おでこにニキビができた女性

おでこ脱毛をするとニキビができやすくなると聞くため、「脱毛はしたいがニキビに悩まされるのは困る」と脱毛を躊躇している人もいるでしょう。

実際のおでこ脱毛とニキビの関係性を以下にお話していきます。

 

おでこにニキビがあっても脱毛できる?

おでこ脱毛はできているニキビの状態によって行えるか否かが変わってきます。

化膿している状態など強い炎症が起きているニキビは、症状が落ち着いてから脱毛を行う方がよい場合もある為、医師の診察を受けてその旨を相談し薬の処方や処置をしてもらいましょう。

自分で勝手に判断せずにまずは医師の診察を受けることがベストだと思います。

 

私が勤務していたクリニックでは、ニキビができている場合は医師の診察によって脱毛可能かどうか判断していました。

炎症があるニキビができていた場合でも、患者の希望によってはそのニキビを避けて他の部分を脱毛するなどの対策がとられていました。

 

おでこ脱毛で毛嚢炎やニキビが治る場合

ニキビができる原因は皮脂の過剰な分泌と毛穴の詰まりであり、特におでこは顔の中でも皮脂の分泌が多い部分です。医療レーザー脱毛や光脱毛は毛根を破壊して毛を生えにくくするため毛穴を引き締める効果があります。また毛根を破壊することで皮脂の分泌が少なくなる為、ニキビができにくくなるという有難い効果もあります。クリニックで医療レーザー脱毛を行ったニキビが元々できやすい体質の患者からは、ニキビができにくくなって嬉しいとの声が聞かれました。医療レーザー脱毛と光脱毛は、脱毛のみでなくニキビ予防も期待できるという一石二鳥の働きがあると言えるでしょう。

 

おでこ脱毛で毛嚢炎やニキビができる

医療レーザーの照射やエステサロンでの光脱毛をあてることにより、一時的に毛穴のバリア機能が弱くなり感染を起こすことで毛嚢炎やニキビができることがあります。

しかし、これは一時的である為1~2週間前後で自然と消えることがほとんどです。

予防としては皮膚を清潔に保ちしっかりと保湿を行うことが大切です。

 

体質的にニキビができやすい人は脱毛後の毛嚢炎やニキビができやすいと言われているため、しっかりアフターケアをしましょう。

 

6.おでこ脱毛を医療レーザーでする前のチェックポイント

医療脱毛でおでこ脱毛した女性

看護師である私が1番お勧めする医療レーザーでおでこ脱毛する場合のチェックポイントを以下にまとめました。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

医療脱毛の場合、おでこ脱毛に必要な数は何回?

医療脱毛では、毛周期の関係により少なくとも6回は必要であると言われており、個人差はありますが6~8回行なうことが一般的です。

おでこは産毛であるためメラニン色素が薄くレーザーに反応しづらい為10回以上回数が必要な場合もあります。

大体3回ほど行った後に毛量の減り具合を実感できるようになります。

 

医療レーザー、おでこ脱毛の値段

クリニックによって異なりますが、おでこ脱毛1回で5千円前後、5~6回コースで4万円前後が一般的です。

おでこ単独の料金設定があるクリニックもありますが、おでこ単独はなく、顔脱毛におでこも含まれているクリニックもあります。その場合は顔脱毛5~6回コースで9万円前後です。

 

看護師からのポイント

看護師からのポイント

もし、おでこ単独の設定がないクリニックであっても、医師の判断によっては可能となる場合もある為、まずは問い合わせをしてみましょう。

 

おでこ脱毛に最適なレーザー

おでこ脱毛に使用されるレーザーは、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザーが一般的とされています。

ダイオードレーザーは、アレキサンドレーザーよりも産毛の脱毛効果が高い為おでこにはダイオードレーザーが最適だと思います。

 

ダイオードレーザーには脱毛のみでなく肌のコラーゲンをしっかりと増やして、張りをよくする働きもあります。

 

医療レーザーのメリット

医療レーザーでおでこ脱毛する最も大きなメリットは、万が一肌トラブルが生じた場合でもすぐに医師に対応してもらえるということです。

気になることや不安なことも医師に直接聞くことができ安心かつ安全に脱毛を受けることができます。

クリニックに脱毛を希望してくる患者のほとんどは、医師がいるから安心できるという理由で医療脱毛を選んだと言っていました

 

効果が高く、効率よく脱毛が進む

医療レーザーは約1.5~2ヶ月に1回照射することが一般的で、個人差はありますが3回目の照射を終えた頃より随分毛が少なくなったことが実感でき6~8回程行うとほとんどなくなります。

エステサロンに比べて通院回数が少なく済み、脱毛完了までの期間が短く効率的です。
 

完全な脱毛が期待できる

医療レーザーは医療機関のみ行えるという、毛母細胞を破壊させることによって半永久的に脱毛する効果的な方法である為、完全な脱毛が期待できます。

私は脱毛後数年経っても全く毛が生えてこないという患者の満足した声を何度も聞きました。

 

医療レーザーのデメリット

医療レーザーは他の脱毛方法と比べると最もコストがかかります。気軽に払う額ではない為、多くの患者が医療脱毛を始めるにあたり悩む点は、コストの高さだと言っていました。

しかし、半永久的なコストだと考えると私は妥当なコストであると思います。

 

痛みが強く肌に負担がかかる可能性がある

医療レーザーは他の脱毛に比べて強力な機器を使用する為、個人差はありますが照射時は痛みを強く感じることがあります。

また、照射直後は肌が赤くなり、ぷつぷつと点状に腫れることや軽く火傷になることもあります。

炎症止めの軟膏が処方される為2~3日で治まることがほとんどですが、肌への負担を絶対に避けたい人はエステサロンでの脱毛の方が適している場合もあります。

 

肌トラブルが起こる可能性もありますが、私はこれまでおでこ脱毛で強い皮膚トラブルが生じた患者を見たことがありません。

 

照射前後に日焼けをすることができない

医療レーザーを照射する2週間前後は日焼け禁止とされています。

濃く日焼けをしている場合は2、3ヶ月程照射ができない場合があります。脱毛が完了する約1年の期間は常に紫外線対策を念頭に置いておく必要があります。

 

7.おでこ脱毛をエステでする前のチェックポイント

エステでおでこ脱毛した女性

私が医療レーザーの次にお勧めするエステでおでこ脱毛する場合のチェックポイントを以下にまとめました。

医療脱毛とエステ脱毛の違いをしっかり見分け、自分に合った脱毛方法を選んでください。

 

エステ脱毛の場合、おでこ脱毛に必要な数は何回?

エステでの脱毛は、個人差はありますが約10~12回行なう必要があると言われています。

15回~20回行い、やっときれいになった人も多くいるそうです。毛量が減ってきたと実感ができるのは6回目頃からだと言われています。

 

エステ、おでこ脱毛の値段

おでこ脱毛にはおでこのみの料金が設定されているエステサロンもありますが、顔脱毛の料金の中におでこも含まれているエステサロンの方が多いです。

おでこのみの場合は6回コースで1万5千円前後、12回コースで3~5万円前後、おでこを含む顔脱毛の場合は6回コースで4万円前後が一般的です。

 

エステでおでこ脱毛するメリット

エステサロンは元々クリニックに比べるとコストが安い上に、キャンペーンなど行ってさらにコストが下がっている場合も多くあります。

クリニックに比べて半額以下のところが多いでしょう。無制限コースやお試しなど色々なプランがあり、無理なく始められる、ということがメリットではないでしょうか。

 

肌にかかる負担が少ない

エステでは低出力の機器を使う為痛みや皮膚トラブルのリスクが医療脱毛に比べて少ないです。

また、痛みも医療脱毛に比べるととても弱く、リラックスして受けることができます。私はエステにて脱毛を行った際、毎回痛みが少なく入眠していました。

 

クリニックに比べて店舗数が多くアクセスがよい

エステは店舗数が多い為もし引っ越しなどで通えなくなった場合でも近くの店舗に異動できます。

また、駅の近くというアクセスがよい場所にあることが多いので通いやすいという便利さがあります。

実際に私も引っ越しをした際に店舗移動を希望したところすぐに対応してもらうことができました。

 

エステでおでこ脱毛するデメリット

エステでおでこ脱毛する最大のデメリットは、肌トラブルに対応できないことです。

万が一火傷などの肌トラブルが生じてしまった場合、医師がいないことにより対応することができません。

自分で病院を受診しなければならない為手間がかかる上に、その後の脱毛も不安な気持ちで通うことになりかねません。
 

効果が出るまでに時間と手間がかかる

エステサロンでは低出力の光脱毛を行っているため効果が出るためにクリニックの3倍ほど時間がかかると言われています。

それにより通う回数も多くなる為時間を確保しなければならないという手間もかかります。
 

予約がとりにくいことがある

エステでの脱毛は毛周期の関係で約2ヶ月に1回程通うことが理想的だとされていますが、人気のエステサロンでは予約がなかなかとれないという状況になっていることがあります。

結果として通う間隔が長く空いてしまって効率よく脱毛が進まないことがあります。

 

8.まとめ

おでこは顔の約3分の1を占めており、広さや形によって大きく印象が変わるとても大切な部分です。

その為おでこ脱毛はセルフで行うことを避け、エステサロンかクリニックのどちらかで行いましょう。

私は医療従事者としてクリニックでの脱毛をお勧めしますが、医療脱毛にも大きなメリットがある反面デメリットもある為、一概にクリニックが最もよいとは言い切ることができません。

自分が最も安心でき自分の条件に適したところを選びましょう。後悔することがないようにお話した7つのチェックポイントをしっかりと確認し、皆様が満足できる脱毛ができることを祈っています。

関連記事

  1. 足の脱毛を受ける女性

    医療脱毛6つのトラブルとは?対処法を看護師がご紹介!

  2. 医療脱毛を受ける病院の選び方!

    医療脱毛を受ける病院の選び方!良い病院・悪い病院とは

  3. 医療脱毛のカウンセリング

    医療脱毛を受ける際のカウンセリングのポイント

  4. 医療脱毛契約後の解約の注意点、トラブルを避ける方法

    医療脱毛契約後の解約の注意点、トラブルを避ける方法とは

  5. ブイアイオー医療脱毛する女性看護師

    VIO医療脱毛の痛みはどれくらい?効果はあるの?

  6. うなじと蝶

    うなじ脱毛する前の5つのチェックポイント